遺品整理を仕事にしよう

人の一生と向き合う遺品整理

遺品整理を仕事にしよう

振り返ってみる

家族が亡くなった時に遺品整理をしていると、懐かしいものを見つけたり、意外な一面を発見したりとその人と改めて向き合う時間を得ることができます。
私が家族の遺品整理をしていた時には、普段見る機会が無かった手帳や、結婚前から持ってきて眠っていた遺品などが出てきて思い出深い感情を感じました。

遺品整理は、家族で住んでいた場所だけでなくその実家でもしてもらっていました。結婚前に編んだというマフラーが出てきたりして、それを私が今でも愛用しています。
アルバムなどは、見ていて飽きること無く写真もたくさん残っています。家族が出来てからはそのアルバムばかりですが実家からは、卒業アルバムが出てきたり白いものがたくさんあります。

あまりにもデリケートなものばかりなので、向き合っていて辛くなる場合があるかもしれません。その量に途方にくれてしまったり。
家族が一緒に住んでいたら急いで遺品整理する必要もないのですが、離れてくらしている時にはそこから遺品を移して処分することが必要になる場合もあります。
色々なケースにあわせて遺品整理の仕方も選べるようになってきました。

自分で遺品整理したい時には、時間をかけて少しづつ整理していく。
もし、1人でたくさんの遺品に対応しきれない時には遺品整理の専門業者に頼むこともできます。

what's new

2013/03/08
当たり前の日々を更新。
2013/03/08
誰でもなれるを更新。
2013/03/08
学ぶ内容を更新。
2013/03/08
資格制度を更新。
2013/03/08
トップページを更新。